facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

魔除け ―身にまとう祈るこころ―

病気や死、狂乱といった魔的を防ぐもの


12.17[木]~02.17[水] / 東京都 / 文化学園服飾博物館


魔除け ―身にまとう祈るこころ―

※画像はイメージです

東京の文化学園服飾博物館で開催される「魔除け」がテーマの展示イベント

アジア・アフリカ地域を中心として、各民族の服飾に見られる多種多様な魔除けの役割を紹介する「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展が文化学園服飾博物館にて開催される。

暑さや寒さに対する温熱調節の役割としてはもちろん、身を護る役割も持っている「服」。
科学が発達する前には、生命を脅かしてくる目には見えないものを人々は「魔」とみなし、怖れた。病気や死、狂乱といった魔的なものが人体に侵入し、引き起こされると信じられていた。
そうした「魔」に対し、人はそれを追い払う力や神聖さを保つ力があるとされる文様や色、素材を衣服に使っていた。 

例えば、魔の侵入口とも考えらていた衣服の開口部や目の行き届かない背部に、刺繍やビーズなどで結界を築いたのも良い例である。また耳や額など人間の機能や生命にかかわる大事な部分には、護符の意味を持つアクセサリーを身につけ身の安全を祈っていた。
今回のイベントでは、そんな世界各地の民族衣装や日本の服飾に見る魔除けの役割を探る。

◆会期
2015年12月17日(木)~2016年2月17日(水)
開館時間:10:00~16:30
休館日:日曜日・祝日・振替休日
※2016年1月15日、2月12日は19:00まで開館
※年末年始休館:2015年12月29日~2016年1月4日
※入館は閉館の30分前まで。

(2015/12/5 時点の情報)
>さらに読む


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ
「現代人の方が魔に対する耐性はなくなっているのかもしれませんね。
医療が発達するのは良いですが、それを過信しすぎて無茶な行動が増えるのも良くないかもいしれません。
逆に、魔を恐れるあまり、行動に制限が出すぎても結果は良くないです。
現代では効力を失った魔除けも、かつては立派に機能していたのでしょう」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル 1階
会場 文化学園服飾博物館
開催日時 2015年12月17日~2016年02月17日 00:00~00:00
料金 入館料:一般 500円、大学・専門学校、高校生 300円、小中学生 200円 ※20名以上の団体は100円引き、障がい者とその付添者1名は無料。
TEL/FAX /
MAIL
参考URL http://museum.bunka.ac.jp/
ドレスコード
アクセス http://museum.bunka.ac.jp/access/
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。

Link 関連・その他のイベントリンク

>【ネタバレなし:感想・写真追加】「みんな脱ぎます!」 イケメンたちを生で感じる!? ドキドキ間違いなしの劇団Rexy『ロミオとジュリエットですが・・・』

>ハメた総数2300枚! 文化の日にハメちゃいました。顔ハメ看板ニスト・塩谷朋之の『顔ハメ文化論』

>ここ地球だよね!? 現実とスター・ウォーズの世界が融合する写真展、日本初公開。ジョージ・ルーカスも絶賛する「DARK LENS」作者にインタビュー。




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.