facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

会って欲しい少女がいます。 『フェルメール「真珠の首飾りの少女」 in ベルリン国立美術館展-学べるヨーロッパ美術の400年-』


10.09[火]~12.02[日] / 福岡県 / 九州国立博物館


会って欲しい少女がいます。 『フェルメール「真珠の首飾りの少女」 in ベルリン国立美術館展-学べるヨーロッパ美術の400年-』

フェルメール「真珠の首飾りの少女」 in ベルリン国立美術館展-学べるヨーロッパ美術の400年-

九州国立博物館で開催される17世紀オランダの画家「フェルメール」の作品展示イベント


◆フェルメールの数少ない作品の中でも、最も繊細と称えられる「真珠の首飾りの少女」がついに九州に初上陸!ミステリアスな表情を滲ませつつ、鏡の前で真珠の首飾りを見つめている少女に出会えます。
その生涯にたった36点しか作品を遺さなかったフェルメールは、当時は社会にも認知されていませんでしたが、穏やかな光を湛えた日常と柔らかな雰囲気は、現代で高い評価を受けています。

◆ベルリン国立美術館(素描版画館)より門外不出とも言われているボッティチェッリの素描作品が展示されます。さらに、世界でも有数のレンブラントコレクションより「黄金の兜の男」「ミネルヴァ」、15世紀ドイツの代表的な彫刻家であるリーメンシュナイダーの「龍を退治する馬上の聖ゲオルウス」も紹介されます。

(2012/8/19 時点の情報)


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ:セリ
「フェルメールと同時期(17世紀オランダ)に活躍した画家として有名なのは、
矢張りレンブラント・ファン・レインですね。
別名『光の魔術師』とも呼ばれています。

若くして成功を収め、抜群の知名度と称賛を浴びていたレンブラントに比べ、
フェルメールは、美術商の兼業で画家をやっていた、という感じでした。
悪いことに戦争があって、美術品どころではない、ということで、
作品が売れなくなってしまい、生活が滞り、最期は虚しく亡くなっています。
もっとも、レンブラントも晩年は悲しい感じですけど」

忘れられた画家として、脚光を浴びたのは19世紀の事でした・・・」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本福岡県福岡県太宰府市石坂四丁目
会場 九州国立博物館
開催日時 2012年10月09日~2012年12月02日 09:30~17:00
料金 一般1500円 高大学生1000円 小中生600円  ※半券で文化交流展も観覧できる  ※障がい者等とその介護者1名は無料、展示室入口にて障がい者手帳等を提示してください
TEL/FAX 050-5542-8600  /
MAIL
参考URL http://www.kyuhaku.jp
ドレスコード
アクセス 歩き:西鉄太宰府線太宰府駅より歩いて10分 車:九州自動車道太宰府ICまたは筑紫野ICから、高雄交差点経由で20分程度
駐車場 有り(普通自動車500円/回)
運営元 九州国立博物館

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。



イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.