facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

鹿鳴館で流れていた曲とは・・・? 「明治期に渡来した西洋音楽を聴く展」


03.13[火]~05.12[土] / 東京都 / オルゴールの小さな博物館


鹿鳴館で流れていた曲とは・・・? 「明治期に渡来した西洋音楽を聴く展」

鹿鳴館で流れていた曲とは・・・? 「明治期に渡来した西洋音楽を聴く展」

東京のオルゴールの小さな博物館で開催される、明治の頃に日本に渡った西洋音楽をテーマにした展示イベント

◆かつて、近代化を推し進めた明治政府は、欧米列強の文化の一つとして西洋音楽を積極的に採り入れました。オルゴールは日本ではある意味、明治時代に最盛期を迎えていたと言ってよいでしょう。和名をつけ、日本でも多いにうたわれた曲に、今ではほとんど日本の曲を思われているような海外の曲が、かつてのオルゴール及び児童オルガンによって蘇ります。歴史の教科書にも出てくる「鹿鳴館」で演奏をしていた曲に、帝国劇場でも上演されていたオペラミュージックも!

◆演奏される曲の例
・「才女」
・「誠は人の道」
・「うつくしき」

◆期間中は、篠田桃紅氏作製のリトグラフが紹介されます(6点)。世界的に評価される「桃紅水墨」と呼ばれる抽象画をご覧ください!

(2012/3/11 時点の情報)
>さらに読む


Comment紹介者コメント

イべニアスタッフ:セリ「これまた素敵な企画が。かつて明治時代の人達が初めて取り入れた西洋音楽に、どんな思いを込めていたのか?西洋に追いつき追い越し、認められたいという『日本』という国家黎明期のオルゴール音楽が現代に蘇ります・・・。一度は行っておきたい企画展です」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都文京区目白台3-25-14
会場 オルゴールの小さな博物館
開催日時 2012年03月13日~2012年05月12日 00:00~00:00
料金 博物館コース(博物館を楽しむグッズとお茶付) 2000円 ※予約制、定員あり
TEL/FAX 03-3941-0008 / 03-3947-1025
MAIL
参考URL http://www.musemuse.jp/
ドレスコード
アクセス 歩き:地下鉄有楽町線「護国寺駅」4番出口から歩いて2分、またはJR山手線「目白駅」から「新宿駅西口行」の都バス「高田一丁目」~歩いて9~10分 車:首都高速護国寺ICから約100メートル
駐車場 無し(不忍通りにパーキングメーターが有ります)
運営元 オルゴールの小さな博物館

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。



イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.