面白いイベント情報を求めてイベニア

| イベント情報 |



SHARE

facebook

Twitter

アンディ・ウォーホル・キョウト/ANDY WARHOL KYOTO

09.17[土]~02.12[日] / 京都府 / 京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」

世界的アーティストと京都の関係が明かされる

2022/10/17(公開:2022/10/05)

京都府の京都市京セラ美術館にて行われる、アンディ・ウォーホルの大回顧展

2022年9月17日(土)から2023年2月12日(日)まで、京都府の京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」にて、「アンディ・ウォーホル・キョウト/ANDY WARHOL KYOTO」が開催されている。

アンディ・ウォーホルは、アメリカを代表するポップ・アートの旗手。名前は知らなくても、マリリン・モンローのイラストや、キャンベルのスープ缶などの作品は一度は目にしたことはあるであろう。

同展では、若きイラストレーター時代から最晩年にいたるまでの代表的な作品など、アメリカのアンディ・ウォーホル美術館が所蔵する約200点が展示される。

展示作品の半数以上は日本初公開であり、さらに同展は全国巡回せず京都だけの開催。ウォーホルは1956年の世界旅行中に京都を訪れた経験があり、京都とウォーホルの関係に注目した貴重なスケッチなども展示される。

若き日のウォーホルが、京都をどのようにイメージしたか想像しながら鑑賞して欲しい。

また、トートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)から、「Andy Warhol×ROOTOTEコラボレーショントートバッグ」の新作23アイテムが9月17日より発売される。

うち6アイテムは展覧会にて先行販売、ほか17アイテムはオンラインストアROOTOTE GALLERY_EDITIONほかで一般販売開始となる。

<開催日時>
2022年9月17日(土)~ 2023年2月12日(日)
※年末年始や祝日でない月曜日は休館
10時~18時 ※入場は閉館の30分前まで

<開催場所>
京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」
>さらに読む

Comment紹介者コメント

<イベニアスタッフ>
公式図録を筆頭にいろいろなグッズが販売されています。なかでも京都を代表する有名なお土産品(
聖護院八ッ橋、よーじや あぶらとり紙など)がウォーホルのアートとコラボしたものもあり、必見です!

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。

住所 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
会場 京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」
開催日時 2022年09月17日~2023年02月12日 10:00~18:00
※年末年始や祝日でない月曜日は休館
10時~18時 ※入場は閉館の30分前まで
料金 土日祝一般 2,200円 平日一般 2,000円 大学・高校生 1,400円 中学・小学生 800円 (当日券、税込価格)
TEL/FAX 075-771-4334 /
MAIL
参考URL https://www.andywarholkyoto.jp/
ドレスコード
アクセス
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。

RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!