facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

角田夕貴「硝子の景色」

初個展。ガラスで作られた“少しぞわっとする”生き物たち。


01.20[火]~02.11[水] / 東京都 / 神楽坂・光鱗亭ギャラリー


角田夕貴「硝子の景色」

角田夕貴「硝子の景色」

1月20日(火)~2月11日(日) まで、神楽坂・光鱗亭ギャラリーで角田夕貴さんの個展「硝子の景色」が行われる。

角田夕貴(つのだ ゆき)さんは2012年より、ガラスの昆虫作品を制作している。ガラスで虫を作ろうと思ったきっかけは大学の卒業制作だったという。

生物が群れになると気持ちが悪い。その中でも、虫がたくさん密集している様子はほとんどの人が嫌悪感を感じるものだと考えたという。

モチーフにされることが多い、アリ、ハチ、テントウムシでも集まると気持ち悪いと言われる。その嫌悪感を表現するため、アリの行列を作ったのが始まりだったそうだ。

今は虫の美しさを知って欲しいという気持ちで、虫の魅力が伝わるような作品を作っていきたいと考えていると言う。

今回の初めての個展イベントでは新たに、海の生き物としてウミウシ、クラゲ、エビ、カニなどガラスの素材を生かせるモチーフを選んでいるという。

硝子昆虫という、ガラスを使って作られた立体の置物。リアリティを追求し、ほぼ実物大に作られてた繊細で美しく、少しぞわっとする生き物に会いに行こう。今まで見たことがないガラスの世界を見られるかもしれない。


<開催日時>
2015年1月20日(火)~2月11日(日)  ※月曜定休 
開催時間 11:00〜19:00 ※最終日17:00終了


(2015年1月11日時点の情報)
>さらに読む

スカラベ[角田夕貴]

スカラベ[角田夕貴]

ハナカマキリ[角田夕貴]

ハナカマキリ[角田夕貴]

ルリボシカミキリ[角田夕貴]

ルリボシカミキリ[角田夕貴]


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ:なずな
「Twitterで見かけた角田さんの『ミツツボアリシロップカラー』に一目ぼれしました。

ものすごくリアルなんですが、これをガラスで、しかもほぼ実物大で表現しています。すごい・・・。ピンセット、ヘラ、カミソリなどの道具を使って形を作り、色はガラス本来の色を混ぜたり、重ねたりすることで表現しているそう。

キレイなだけではなく『ぞわっ』とする感覚、ぜひ実物を見て感じてみたいですね」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都新宿区矢来町41
会場 神楽坂・光鱗亭ギャラリー
開催日時 2015年01月20日~2015年02月11日 00:00~00:00
料金
TEL/FAX 03-6265-0630 / 03-6265-0630
MAIL
参考URL
ドレスコード
アクセス 東京メトロ・東西線:神楽坂駅2番出口から徒歩3分 http://www.kagurazaka-kourintei.com/?page_id=4
駐車場 専用駐車場なし
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。



イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.