facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

こども展 名画にみるこどもと画家の絆

≪ルソーも、ピカソも、ルノワールも、モネも、みんなこどもが大好きだった≫


04.19[土]~06.29[日] / 東京都 / アーツセンターギャラリー (六本木ヒルズ 森タワー52階)


こども展 名画にみるこどもと画家の絆

※画像はイメージです

東京・六本木ヒルズのアーツセンターギャラリー で行われる、子供がテーマの絵画展イベント

パリでおよそ20万人が来場、パリに愛された展覧会が、ついに日本にも上陸する。

絵画のモデルになっているのは、可愛らしい子どもたち。描いたのはモネ、ルノワール、ルソー、マティス、ピカソなどのそうそうたる顔ぶれ。およそ50名の画家による子供たちがモチーフの作品を展示する。

どんな想いをカンバスに刻んだのか、描かれた子どもたちはその時に何を想っていたのか?作品に秘められた両者の想い、絆に迫る。

2009年から2010年に、パリ・オランジュリー美術館で大人気だった展覧会“Les enfants modèles (モデルとなった子どもたち) ”が日本向けに再構成されたもの。オルセー美術館、オランジュリー美術館協力もと、約90点の子どもの肖像画が集まった。そのうちの3分の2は日本初公開の作品である。

これらの絵画は「時代を通して子どもをみる」、「子どもを通して時代をみる」という意味を持っている。さらには「画家(親)の目を通して子どもをみる」、「子どもの目を通して親、家族、大人の世界をみる」という意味もあるという。


<開催期間>
2014年4月19日(土)~2014年6月29日(日) 会期中無休
10:00~20:00(但し、火曜日は17:00まで) ※入館は閉館の30分前まで



(2013年12月11日手人の情報)
>さらに読む


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ:なずな
「画家が‘子供のように素直で、純粋な気持ちで作品を作りたい’という表現をすることがあります。そうした‘子供心’がテーマなのかな、と思いきや、ちょっと違うみたいです。

今回はモデルとしての自分の子供に対する愛情、絆がテーマとなっています。ぜひお子さんとご覧になってはいかがでしょうか?子供がいない人も、自分の親を思ったり、子供のころの事を思い出しながら見てみると、より理解できるかもしれません。

竹内まりやさんによるイメージソング『人生の扉』と合わせてお楽しみください」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ
会場 アーツセンターギャラリー (六本木ヒルズ 森タワー52階)
開催日時 2014年04月19日~2014年06月29日 00:00~00:00
料金 ・一般 ¥1,500(前売り ¥1,300) ・大学生¥1,200(前売り ¥1,000) ・中高生 ¥800(前売り ¥600)
TEL/FAX /
MAIL
参考URL http://www.ntv.co.jp/kodomo/
ドレスコード
アクセス
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。



イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.