facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

明治のこころ モースが見た庶民のくらし

≪そのころの未来に、わたしたちは生きている≫


09.14[土]~12.08[日] / 東京都 / 江戸東京博物館


明治のこころ モースが見た庶民のくらし

※画像はイメージです

東京の江戸東京博物館 で開催される、エドワード・モースの明治期資料展示イベント

「大森貝塚」を発見した人として有名なエドワード・モース。
モースは1877(明治10)年より日本に3回訪れています。そこれでモースは、日本の庶民の暮らしぶりや精神性に強い魅力を感じ、様々な品々を「記録」としてアメリカに持ち帰ります。

果たして、モースの心をとらえた明治の名もなき日本人達の持っていた「こころ」とはいかなるものだったのか?

“全米最古の博物館”ピーボディー・エセックス博物館&ボストン美術館がコレクションする「モース・コレクション」より、厳選320点の資料(生活道具や陶器など)が詳細されます。

モースの日記やスケッチ、貴重なガラス原板写真など現代では忘れ去られつつある明治の頃の日常が140年もの時を超えて復活します。

◆このイベントは江戸東京博物館の開館20周年記念特別展になります。

◆休館日・・・月曜日 ただし9/16日(月・祝)、9/23日(月・祝)、10/14日(月・祝)、11/4日(月・祝)は開館。10/15日(火)、11/5日(火)は休館


(2013年9月2日時点の情報)
>さらに読む


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ:セリ
「もともと、シャセミン貝の研究にアメリカからやってきたモース。
そこでモースが観た明治日本の姿とはいかなるものだったのか?

素朴で、温かくて、面白い。今よりは貧しいけれど妙な熱気のある時代。
かつての日本に想いを馳せるには、よい企画展です」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都墨田区横網1−4−1
会場 江戸東京博物館
開催日時 2013年09月14日~2013年12月08日 00:00~00:00
料金 一般・・・1300(1040)円/大学生・専門学校生 1040(830)円/小中高校生・65歳以上 650(520)円 ※()内は20名以上の団体料金
TEL/FAX /
MAIL
参考URL http://www.asahi.com/event/morse2013/
ドレスコード
アクセス ・JR総武線両国駅西口:歩いて3分 ・都営大江戸線 両国駅(江戸東京博物館前)A3、A4出口:歩いて1分
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。



イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.