facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

レポート&ニュース

「かまいたちの夜」? いやいや、大分県蒲江を体験するサイト「かまえにたちよる」が面白い

人気ゲームへのオマージュ満載の周遊体験型サイト。 その裏に隠された物語とは?



2021年2月、期間限定のサイト「かまえにたちよる」がオープンしました。

名作ノベルゲーム「かまいたちの夜」と見間違えそうですが、大分県佐伯市蒲江の魅力をオンラインで体験して遊べるサイトとのこと。なるほど、「蒲江に立ち寄る」なのですね。
(なお、本家のゲームを全然知らなくても楽しめます)

 

ゲーム感覚で蒲江の魅力を味わう



アクセスはパソコン・スマホのどちらからでも可能です。筆者はパソコンから立ち寄ってみました。

まず驚かされるのは、サイト上のロゴやアイコン。明らかにゲーム「かまいたちの夜」を意識しています。勝手なパクリではなく、正式に許可を取っているという手の込みよう!



では、スタート!

主人公の誘と妻の真海、娘の花子の三人家族の物語です。本家の主役カップルが「透と真理」だったと覚えていたので、ニヤリとしました。



各ページ上部には動画画面があり、下の「選択肢をみる」をクリックすることで具体的な選択肢が表示されます。初回は動画を見て物語を味わったうえで、選択肢を見るのがおすすめ。「何でこの話の流れから、こんな選択肢に!?」という意外性を楽しめます。



約2分の動画を見たら、いよいよ最初の選択肢を開きます。Bの「花子に聞く」を選び、なんやかんやあって釣りをすることになりました。

その後もう一回選択肢を選び、オヤジジョークで妻と娘に白い目で見られるものの、最後はしっかり尊敬を獲得。そして……



「アクティビティ編 END1 終」と出て終了。蒲江の水産資源の豊富さはわかりました。……が、やや物足りなさも感じます。



実は、結末はひとつでなく、「トゥルーエンド」があると書かれています。ゲーマーとしては、是非見つけたい! ただあせらず、ページ内の他情報にも立ち寄ってみましょう。

ゲーム中の全ページに、登場したスポットや関連の特産品の紹介へのリンクがあります。

 

スポットの紹介では見どころやアクセスなども載っています。さらに特産品は、説明に加えて購入サイトへのリンクもあり、お取り寄せ可能です。

たくさん「立ち寄る」ほど、物語に厚みが生まれます



トップに戻って再度スタート。ここで、いろいろなルートを辿ってわかったことをご紹介。

物語は主にホームコメディノリで進行。話の展開は多種多様。最初に辿った「アクティビティ編 END1」のように、選択肢2回で終わるパターンは結構レアでした。動画は1~2分程度のものから5分以上のものもあります。

基本は静止画アニメで、主人公らはシルエット表示。これぞ本家ゲームの演出の通りで、オマージュの強さが感じられます。

 

ただし物語を進めると、実際に蒲江の人との会話や、レジャーやアクションをする動画なども出てきます。出演者が体を張った(?)場面もあり、パソコンの前で大笑いしました。

本家と違い「死体」は出ません。ですが、選択次第で海鮮丼を食べ、みそを作り、酵素風呂に入り、猫を探し求めるなど、蒲江で「したい」ことをたくさん行う主人公。

さらには、蒲江に住むと言い出す流れ(さてどうなる!?)から、物語の枠を飛び出し、楽屋オチやメタ的ループに陥るSF寄りの展開もあります。

夢中になり一時間半ほど巡ったところで、一旦休憩。好きな時間に気軽に楽しめるのも嬉しいです。
 

さらにさまざまな箇所に「立ち寄る」こと小一時間。

とある選択をして、ちょっと驚きの結末に遭遇。すると、スタッフロールが流れました。トゥルーエンドに到達のようです。



せっかくだしと、さらに「立ち寄る」こと一時間。これまた、サスペンス的な結末となり、別の「トゥルーエンド」に到達しました。

ただし、この結末では気になる点がありました。戻って別の選択肢を選び直し、海に入ったり、大分弁を学んだり、スマホに真海からメールが届いたりする結末を経て……。

なるほど。きっとあの選択肢を選んだとき、物語の裏であんなことが行われたに違いないと、ミステリ的な気付きがありました。(動画内のとある文章を読み返すと、思わずゾクゾクっ。しっかり伏線を張っていたなんて!)

プロモーションの枠を超えた、蒲江に愛着が湧くゲーム



あらためてプレイの感想です。

数あるプロモーションサイトの中でも、ここまで見せ方に工夫を凝らし、原作へのオマージュ愛が深い内容に脱帽しました。発見したミステリ的な仕掛け(多分)も巧妙で、気づいたときはトリックを見破った爽快感がありました。

同時に、物語の舞台の蒲江に愛着が湧きました。地図で見ると大分県南端の小さなエリアですが、漁師町としての歴史、アクティビティの数々、海鮮を使った料理やその他お菓子などのグルメなど関心が高まりました。特に、登場する蒲江の人々がみんな生き生きとしています。



もし今後行ける機会があれば、島ネコと触れ合うにゃんこツアーや、買った魚を自分で焼ける「焼き小屋」など、「したい」ことが生まれてきました。



なおプレイをしてアンケートに答えると、抽選で特産品の入った「かまえのしおり」が特製箱に入って送られます。最後までオマージュ愛にあふれていました。

「トラベルノベル第一弾」と書かれていたので、「第二弾」以降にも期待です!

● かまえにたちよる

(イベニア/高柳優)
>さらに読む

Link 関連・その他のニュースリンク

>おいしい「昆虫」をいただきます!昆虫女子と虫を味わってみた

>前代未聞の<ブラック企業合コン>に潜入!社畜に癒しと出会いを

>グラビアは他誌より5ミリでも肌を出せ!? 『プレイボーイ』のすべてがここに「熱狂 50+1」展




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.