facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

「トリックス・アンド・ヴィジョンからもの派へ」展

≪その時、現代美術が動き出す≫


03.09[土]~04.06[土] / 東京都 / 東京画廊+BTAP


「トリックス・アンド・ヴィジョンからもの派へ」展

※画像はイメージです

東京の「東京画廊+BTAP」で開催される、「トリックス・アンド・ヴィジョン」がテーマのアート展示イベント

◆「トリックス・アンド・ヴィジョン」展(1968年)とは、
「中原佑介」「石子順造」が企画し、東京画廊と村松画廊にて開催されたものです。

視覚(Vision)の中に潜んでいるだまし(Tricks)をテーマとして、
「見る」という行為の実態を明確化しようという試みでした。
「もの派」に繋がっていく日本現代美術の潮流を形作っていったという意味で、
2000年代以降、改めて高評価を得た展示会でした。

今回「東京画廊+BTAP」が開催するイベントは、かつて出品されていた
飯田昭二の「Half & Half(ピンポン玉)」(1968)、
鈴木慶則の「裏がえしの相貌をした非在のタブロー」(1967)、
高松次郎の「波の柱」(1968)
といった、もの派前史を見つめ直す作品が紹介されます。
また、もの派初期の作品と言える
関根伸夫の「位相-スポンジ」(1968)、
菅木志雄の1975年のドローイング作品、
なども併せて展示されることになります。

◆出品作品(予定): 飯田昭二、鈴木慶則、高松次郎、堀内正和、榎倉康二、
>さらに読む


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ:セリ
「『もの派』と呼ばれる新たなアートが生まれる契機となったイベントを
想い起す展示会です。

『つくること』から『見ること』へとテーマをシフトしたもの。
情報化社会に先駆け、見る立場を意識させた
作品の数々が紹介されます」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都中央区銀座8-10-5 7F
会場 東京画廊+BTAP
開催日時 2013年03月09日~2013年04月06日 11:00~19:00
料金 無料
TEL/FAX 03-3571-1808 /
MAIL
参考URL http://www.tokyo-gallery.com/exhibitions/intokyo/post-135.html
ドレスコード
アクセス 歩き:JR/地下鉄新橋駅より歩いて5分
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。



イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.