facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

根付 江戸と現代を結ぶ造形 展

洒脱で機知に富むデザイン。工芸品からアートへと!


01.14[土]~03.20[月] / 東京都 / 三鷹市美術ギャラリー


根付 江戸と現代を結ぶ造形 展

根付 江戸と現代を結ぶ造形 展

東京の三鷹市美術ギャラリーで開催される展示イベント

根付(ねつけ)とは、印籠や巾着といった持ち物を携帯する際に紐の先端に付け、帯にくぐらせ留具として用いる小さな彫刻(細工物)のこと。

かつてポケットがなかった和装時代には日常的な実用品だった根付。そのデザインや細工が次第に洗練されてきており、庶民文化が成熟する江戸後期に全盛期を迎える。比較的裕福な町人は素材の贅沢さや技巧の精密さ、洒脱で機知に富む意匠を競い合っていたという。

つまり根付は装飾品であると同時にコレクターズアイテムとしての性格を強めていった。これが明治以降になると洋装化が進み需要は衰え、欧米人により美術工芸品として新たな価値を見いだされた。その為多くは海外に流出している。

海外向けの輸出工芸品として存続し、戦後は研究会の発足や展覧会の開催など根付を再評価する動きが盛んになっていく。1970年代には作り手の側で大きな意識改革がおこり、伝統的な根付のコピーを制作する<職人>から、オリジナルな発想で独自の個性を発揮する<芸術家>へと移行していくことになる。

今回の展示では、「京都 清宗根付館」が所蔵している江戸から近代にかけての伝統的な根付と現代根付約300点を紹介する。新しい素材や現代性を盛り込みながら今も息づくその魅力と、江戸と現代をつなぐ造形の妙を堪能できる。

◆日時
2017年1月14日(土)~2017年3月20日(月)
月曜日(3/20は開館)

◆場所
三鷹市美術ギャラリー
(東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5階)

(2016/12/3 時点の情報)
>さらに読む


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ
「とても奇抜なデザインが並んでおり、現代の人が欲しがるのも頷けます。道行く人が根付をつけていると、それだけで、とってもお洒落に思えますね」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5階
会場 三鷹市美術ギャラリー
開催日時 2017年01月14日~2017年03月20日 00:00~00:00
料金
TEL/FAX /
MAIL
参考URL http://mitaka.jpn.org/ticket/170114g/
ドレスコード
アクセス
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。

Link 関連・その他のイベントリンク

>ローソンストア100ならおせち料理が2000円台で!「クリスマスもお正月も♪ ローソンストア100 のギガ盛りサプライズパーティー!」

>原宿のオシャレストリートを抜けたら地獄だった…。カワイイ地獄はここにある!「グロテスク☆ポップ~地獄と世俗」

>ド派手演出でビンゴの醍醐味を掘り起こす! 英国発祥「REBEL BINGO」を体験してきた




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.