facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

幻燈展――プロジェクション・メディアの考古学 

プロジェクターやパワーポイントの原型!?新旧のプロジェクション・メディアの魅力に迫る。


04.01[水]~08.02[日] / 東京都 / 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 2階企画展示室


幻燈展――プロジェクション・メディアの考古学 

※画像はイメージです

東京の早稲田大学坪内博士記念演劇博物館で開催されるイベント「幻燈展――プロジェクション・メディアの考古学」。

世界的に見ても、極めて貴重な映画前史の映像文化に関する資料を数多く所蔵している早稲田大学演劇博物館。

特に、映画以前に存在したプロジェクション・メディアともいえる写し絵、幻燈のスライドのコレクションは 3000点以上となり、そのテーマも多岐にわたる。

これらのスライドは貴重な文化財であるだけでなく、近代日本における姿を映像として今に伝える重要な資料ともいえる。

今回のイベントでは、写し絵・幻燈のスライドや投影装置といった歴史的資料を展示し、デジタルデータを用いたインタラクティブな仕掛けや映像・メディア作品などを紹介し、新旧のプロジェクション・メディアの魅力と可能性を引き出すことを目指している。

◆幻燈
幻燈(マジック・ランタン)は、300年以上前に発明された、現在のプロジェクターの原型である投影装置のこと。

ガラス製のスライドに描かれた絵や写真をレンズにより拡大、投影をしていく装置で、光源にはろうそくやランプ、後においてはガス灯や電燈を用いた。
スライドを切り替えつつ投影する幻燈のイメージは現在のスライドプロジェクターやパワーポイント、紙芝居やアニメーションの原型であるとも言われる。

◆展示概要
展示構成(予定)
第1部 幻燈スライドの博物誌
第2部 プロジェクション・イメージの広がり
第3部 プロジェクション・メディアの再発明
出品予定作品

>さらに読む


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ:せり
「幻燈という文化には、僕などはあまり直に触れてはいませんが、パワーポイントの原型といわれると急激に親近感がわきます。

宮沢賢治の雪渡りなんかも思い起こされますね」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都新宿区西早稲田1-6-1
会場 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 2階企画展示室
開催日時 2015年04月01日~2015年08月02日 00:00~00:00
料金 入場無料
TEL/FAX 03-5286-1829 /
MAIL
参考URL http://web.waseda.jp/enpaku/ex/2590/
ドレスコード
アクセス http://web.waseda.jp/enpaku/#access
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。



イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.