facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

イベント情報

赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界

≪題名のない映画はない。どんな映画も、題名と共に観客の記憶に刻まれる。≫


04.15[火]~08.10[日] / 東京都 / 東京国立近代美術館フィルムセンター7階展示室


赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界

赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界

東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンター7階展示室で行われる展示イベント

東京国立近代美術館フィルムセンターで映画タイトルデザイン界の第一人者である、赤松陽構造氏の業績を振り返るイベントが行われる。

赤松陽構造氏は、映画「東京裁判」や「ゆきゆきて、神軍」のタイトルデザインで注目を集めた。今まで黒木和雄、北野武、黒沢清、阪本順治、周防正行監督の作品など、400を超える映画にタイトルを提供している。

この展示イベントでは、赤松氏が今までに手掛けたタイトルデザイン、実際に使用している仕事道具などが展示される。無声映画時代から現代にかけての、書家、画家、グラフィックデザイナー、イラストレーターなどによってデザインされた映画タイトルを通じ、日本の映画タイトルデザインの歴史を紹介する。


<赤松氏によるタイトル>
東京裁判(1983年、小林正樹監督)
ゆきゆきて、神軍(1987年、原一男監督)
ウォーターボーイズ(2001年、矢口史靖監督)
美しい夏 キリシマ(2002年、黒木和雄監督)
アントキノイノチ(2011年、瀬々敬久監督)
横道世之介(2013年、沖田修一監督)
タイトル原画 『Dolls』(2002年、北野武監督) 
など

<展示内容>
・映画のタイトルデザインとは
・日本の映画タイトルデザインの歴史
・赤松陽構造の映画タイトルデザイン
>さらに読む


Comment紹介者コメント

イベニアスタッフ:なずな
「タイトルデザイナーの赤松陽構造(あかまつひこぞう)さんは、上記のタイトル以外にも、『うなぎ』、『Shall we ダンス?』、『魍魎の匣』、『テルマエ・ロマエ』、『八重の桜』、など40年以上にわたって様々な作品を手掛けてきました。

映画は文字だ!というコピー通り、文字が持つ力を感じられます」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。


RankingPointランキングポイントの投稿

ランキング結果に反映されます。是非ご投票ください!


住所 日本東京都中央区京橋3-7-6
会場 東京国立近代美術館フィルムセンター7階展示室
開催日時 2014年04月15日~2014年08月10日 11:00~18:30
料金 ・一般 210(100)円 ・大学生、シニア 70(40)円 ・高校生以下 無料 ※料金は常設の「NFCコレクションでみる日本映画の歴史」入場料を含む ※( )内は20名以上の団体料金 ※大ホールで企画上映をご覧になった方は当日限り、半券の提示により団体料金適用
TEL/FAX 03-5777 -8600 (ハローダイヤル) /
MAIL
参考URL http://www.momat.go.jp/FC/titledesign/
ドレスコード
アクセス ・東京メトロ銀座線京橋駅(出口1)から昭和通り方向へ徒歩1分 ・都営地下鉄浅草線宝町駅(出口A4)から中央通り方向へ徒歩1分 ・東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅(出口7)から徒歩5分 ・JR東京駅(八重洲南口)から徒歩10分
駐車場
運営元

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。



イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.