facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

レポート&ニュース

今年の夏は「バケツジンギスカン」がくる!手軽でフォトジェニックなアウトドア

バケツでジンギスカンやってみた

「バケツジンギスカン」をご存知だろうか? 知っているという人は岩手出身の可能性大。

これはレトロなブリキのバケツに鉄板を乗せて焼くジンギスカンのことで、火起こしの手間がいらないからアウトドア初心者にはぴったり。このバケツジンギスカンを渋谷の屋外で楽しむイベントが行われた。

◇タワレコ渋谷の屋上でバーベキュー

渋谷タワーレコードの屋上「スカイガーデン」で、バケツジンギスカンのイベントが開催された。「スカイガーデン」は渋谷の街を見ながらお酒が飲める都会のオアシス。

 



普段はBBQが食べられる「スカイガーデン」だが、今日はバケツジンギスカンの日。岩手県遠野のソウルフードであるバケツジンギスカンを、都内で食べられるのは珍しいとのこと。

 

バケツジンギスカンは、側面に空気取りの穴があるブリキバケツに固形燃料を入れて、南部鉄器の鍋を乗せて焼くスタイル。岩手県遠野ではホームセンターで、このバケツジンギスカンが普通に売られていて、人が集まる時はバケツジンギスカンを楽しむという、遠野の人たちのソウルフードだ。

 

ウエルカムドリンクとして、アルコール12度の「岩手わんこ いいちこカップ」が配られた。カップには岩手のわんこそばとカッパが描かれている。これは遠野で行なわれている「遠野バケツジンギスカンフェス」で配られたもので、割らずにそのまま飲めるカップいいちこは会場で大好評だったそう。

 



みんなで乾杯をするために、キンキンに冷やしたジョッキに氷をたっぷり入れて、「いいちこ」と強炭酸水「THE TANSAN」を混ぜる。とにかく飲み物、ジョッキ、全てが冷たい状態が美味しいとのことで、お客さんは各自冷えたジョッキを取りに行き、氷を入れ、主催者から「早く!早く!」と急かされながらドリンクを作る。そしてみんなで“乾杯!”。





◇いよいよバケツジンギスカンを味わう

各テーブルにセットされたバケツの固形燃料に、自分たちで火をつける。女性客でも難なく着火。そして南部鉄器のジンギスカン鍋を乗せたらあっという間に準備完了。炭を使っていたらこうはいかないだろう。

 



まずは鍋の高いところに脂を乗せると、じわっと溶けていく。着火して5分もしないですぐに熱くなるので、腹ペコを待たせることもないのがバケツジンギスカン。固形燃料ひとつで概ね2時間はもつそうだ。



そして、いよいよラム肉を鍋の上に。そこで気づくのがラム肉には味がついていないこと。そういえば北海道で食べるジンギスカンは、タレに漬けた味付け肉が多いような……。

バケツジンギスカンに詳しい、三和酒類株式会社の幡手剛さんによると、味付けしていない羊肉を焼いてタレを付けて食べるのが公式「遠野バケツジンギスカン」の食べ方。





幡手さんによると、遠野にはオーストラリアなどから羊肉を仕入れて加工する食肉業者がいくつかあり、肉の切り方もお店によって違うんだそう。そしてタレにもお店それぞれの味があるので、食べ比べるのも楽しいのだとか。



お話を聞いているうちに肉がいい感じに焼けてきた。食べてみると肉の脂が甘い。肉質は程よく柔らかくて食べ応えもある。羊の臭みはほとんど気にならない。

 

今回はバケツジンギスカンを考案したという遠野のジンギスカン専門店「あんべ」のタレを使用。ある女性参加者は「タレは甘すぎず、辛すぎず、ちょうどいいので食べやすい。野菜にも合いますね」と話す。またバケツジンギスカンは女性でも簡単に準備できたそう。



ある男性参加者は、イベントの前週に北海道でジンギスカンを食べたばかりとのこと。「北海道で食べたのより美味しいです!」

 

各テーブルには25度のいいちこ1.8リットルパックとTHE TANSAN、氷が用意してある。THE TANSANの「レモン」で割るとチューハイのようで、「アップルミント」で割るとカクテルのようだった。どちらもいいちことTHE TANSANがあればできるので家庭でも気軽に作れる。日本コカ・コーラの担当者によると、今夏にはTHE TANSAN「ライム」味も発売されるそうだ。



◇手軽に楽しめるのがバケツジンギスカンの魅力

イベント中、渋谷の屋上には時折強い風が吹いたが火はバケツの中なので風が吹いても大丈夫。しかも灰が飛ばないので、周りの食材が灰まみれになることはない。このバケツジンギスカン、手軽にアウトドアを楽しみたい人にはうってつけだ。



大きさも普通のバケツなので、少し大きめのトートバッグにも入る。これを持って電車に乗ることもできるのでアウトドア女子会にもぴったりかも。しかもどこか懐かしいブリキのバケツは可愛らしくて、写真映えもする。



イベントでは各テーブルでいいちこと箸が進み、用意していた羊肉はすべてなくなってしまった。それでもみんな帰り難く「スカイガーデン」で普段提供されている食材まで食べてしまうほど。主催した東京カルチャー・カルチャーの横山シンスケさんも「こんなに盛り上がるとは」と驚いていた。



早い梅雨明けで当日は暑い日だったが、渋谷のビルの屋上には心地良い風が吹いていた。星は見えないものの空や夜景が見えて開放感があり、おいしい肉とおいしいお酒、そしてバケツがある空間は本当に楽しかった。さらバケツジンギスカンはアウトドアだけでなく、災害時にも使えるのではないかとも思った夏の夜だった。

(取材:前田郁/イベニア)

>さらに読む

Link 関連・その他のニュースリンク

>世界中の“別れ”を集結! 思い出として展示する「別れの博物館」

>横山三国志ファンもビックリ「げえっvsむむむ with美女図鑑」。「甘寧一番乗り!」パネルに、饅頭マスコットも

>サクラに埋もれながら、佐賀の日本酒を楽しむ「SAKURA CHILL BAR」




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.