facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

レポート&ニュース

音楽が鳴り響く筒形の卓球台でピンポン! 三次元の 「低音卓球」やってみた

こんな卓球見たことない!!見ているだけでもテンションが上がっちゃう「低音卓球」

渋谷の卓球場で、ちょっと変わった卓球イベント「低音卓球PARTY」が開催されると聞き、参加してみました。



■未体験ピンポン「低音卓球」って?

ソニーの「EXTRA BASS(TM)」シリーズワイヤレススピーカーと、パーティークリエイター・アフロマンスさんのコラボレーションにより実現した、今回の卓球イベント。

アフロマンスさんといえば、泡にまみれて踊る音楽イベント「泡パ」をはじめ、大量のスモーク演出の中で音楽を楽しむ「スモーキーディスコ」など、“非日常をつくる”をコンセプトに様々なイベントを手掛けてきた、今注目のパーティークリエイターです。

そのアフロマンスさんが、今回タッグを組んだ相手が、迫力ある重低音が楽しめる、ソニーの「EXTRA BASS(TM)」シリーズワイヤレススピーカー。重低音×卓球という未体験ピンポンとは、いったいどんなものなのでしょうか?




■クラブのような空間、巨大スピーカーで卓球!?
 
イベント会場に入ると音楽が鳴り響き、そこはまるでクラブのよう。もともと卓球場だなんて思えません。



会場中に置かれたいくつものスピーカーからは、重低音の音楽が流れており、自然と身体を動かしたくなります。

今回のイベントのメインとも言える、「EXTRA BASS (TM)」シリーズのワイヤレススピーカーをイメージした2つの筒状卓球台は、見た目もスピーカーそっくりです。スピーカーの中に入って卓球をしているみたい。



2台の筒状卓球台の間には、イベントを盛り上げるには欠かせないDJブースが。真横から聞こえる音楽を感じながら、いざ三次元ピンポンに挑戦です。


■ピンポン玉が360度飛び回る! 三次元卓球は難易度高し! 



筒状卓球台の真ん中には、円形の透明ガラスがネットの代わりとしてあります。この三次元卓球は、横はもちろん、真上にバウンドさせてもOK。しかし、想像以上に難しい! ラリーはもちろん、まともに相手コートに打ち返すことすら難しいのです。

通常の卓球よりもボールが跳ねないため、力をいれて打たなければ相手側に届きませんでした。そして、やっと相手側に届いたと思ったら、相手がスカッと空振り! 台が円形のため、ボールが跳ねる方向が読めないんです。



数回でもいいからなんとかラリーを続けたい! そう思い、デモンストレーションをしていた方にコツを聞いてみたところ、ボールはなるべく台の真ん中部分(円形の下部分)を狙って打つべし!とのこと。横にずれてしまうと、どこに跳ねるかわからないので、受ける側のハードルが上がってしまうとのことでした。

いただいたアドバイスをもとに、再挑戦! なんとか2~3回は打ち返せるようになりました。しかし難しい!!ラリーが出来るようになるには、もっともっと練習が必要そうです。

卓球台はカラフルなライティング演出もあり、より非日常感を味わえます。見ているだけでも楽しくなってきます!



この卓球台でラリーを続けるためには、相手と息を合わせることが大切。いかに相手が取りやすい場所にボールを運べるかがラリーを続けるための鍵となります。

そのため初めての会った人とのラリーでも、自然と相手を思いやりながらプレイすることになるため、一気に距離が縮まりあっという間に仲良くなれちゃいます。


■過ごし方は人それぞれ! まったりできる空間も

低音卓球を楽しんだ後は、少しクールダウン。会場にはところどころにソファやイスがあり、ドリンクの購入も可能。ドリンクをいただきながら、しばし休憩タイムです。



休憩後は、会場に実際に展示されていた「EXTRA BASS(TM)」シリーズを試聴。低音の響き方が全然違う!このスピーカーで好きなロックなんて聞いたら、一人でもノリノリになっちゃって、周りから不思議な目で見られちゃうかも。



会場は三次元卓球台だけでなく、普通の卓球台もあり、待ち時間に楽しむこともできました。三次元卓球ではなかなかできない、スマッシュも楽しめますね。


■卓球のイメージが変わる!? 超「パリピ」な会場

会場には、イベントを盛り上げてくれるMCやゲストDJ、フォトスポットなどもあり、みんなで楽しめる要素がたっぷりです。卓球の福原愛選手のそっくりさんも……?

 


会場は徐々にヒートアップ! 今回のイベントの参加者は約150名。平日、しかも月曜日だというのに、皆さんアルコールも入って、ノリノリです。どちらかというと静か、……というか、地味なイメージを持たれがちな卓球ですが、ここはそんな雰囲気全くなし! アゲアゲなパーティーピーポーばかり。





今回「低音卓球」で体験した三次元卓球台は、このイベントのための特注品で、現在日本に1つしかないものだとか!  5月21日まで渋谷卓球倶楽部にて体験できます。

ユニークな筒状卓球台というだけでも貴重ですが、自分自身がスピーカー内部に入ってしまった感覚は、ここでしか味わえない、まさに非日常の体験ができる空間でした。

取材/おぜきめぐみ 撮影/篠崎夏美



















>さらに読む

Link 関連・その他のニュースリンク

>ド派手演出でビンゴの醍醐味を掘り起こす! 英国発祥「REBEL BINGO」を体験してきた

>日本初上陸「ランタンフェスト」行ってきた!ランタンが空を舞う絶景 『The Lantern Fest JAPAN supported by PERRIER』

>人生で一番テンションの高い朝!平日の朝が嫌なら、‘フェス’に行けばいいのに。「Morning Gloryville Tokyo 」




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.