facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

レポート&ニュース

うらめしや~、珠玉の“幽霊画コレクション”が一堂に。うらみ、怨念、心残り……美人幽霊画に込められた女の執念。お守りや護符もあるので安心!?

うらみの美しさに惚れる! ぞっとするほど美しい、幽霊画コレクションたち。

「うらみ」 それは、死んでも続く恐ろしい感情。 

そんな「うらみ」の表現を辿る絵画展『うらめしや~、冥途のみやげ展』が東京藝術大学 美術館にて7月22日より開催されています。

「うらめしや~、冥途のみやげ」展

―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―
 


上村松園 《焔》大正7年(1918) 絹本着色 絹本着色 
東京国立博物館 Image:TNM Image Archives 9/1 -9/13展示 

元々、この展示は2011年の夏に行う予定でしたが、夏の電力不足の影響もあり延期になってしまいました。そこから4年後の今夏、ようやく開催されることになりました。 

今回の展示は怪談話を得意とした明治の噺家 三遊亭圓朝ゆかりの幽霊画コレクション50幅を中心に構成されています。

普段は谷中の全生庵に保管されている展示物。これまでは8月にのみ公開されてきましたが、こうして美術館に展示されるのは初めてとなります。 


ひんやりとした地下へ降り……。えっ、今入り口に何かいたよね!?

り口は地下2階ということで、階段を降りて行きます。なんだか、入る前からひんやりした空気です。



地下に降りるとゲートが。



あっ、あれ……? なんか今、現れなかった?? 

そうなのです。このゲートはすごく凝っていて、しばらく見ていると幽霊が現れたり、火の玉が現れたりと、すごく不気味なのです。



ぼうっ……と現れる幽霊。 



何もないゲートに幽霊や火の玉が突然、現れる!! 

今回の展示のために特別に作られた映像だそうですが、とてもリアル。実際の人魂や幽霊を見たことはありませんが、きっとこんなふうに現れるのだろうな……と思わせます。 

中へ入ると、薄明りの中で響く物悲しい風の音……。今にも何か出てきそうな雰囲気です。 


会場を薄い布越しに眺めると、行き交う人の影がぼんやりと浮かびあがり、この世のものではないものに見えてきます。 


圓朝と怪談について 

第1章は『圓朝と怪談について』の資料が展示されています。 全生庵に保存されている、三遊亭圓朝像や、圓朝怪談噺のビラ、圓朝の影絵の掛け軸、圓朝ゆかりの品など、圓朝についての展示品が並んでいます。


圓朝関連の展示


圓朝全集など、圓朝ゆかりの出版物 


圓朝ゆかりの品々 


三遊亭圓橘画 三遊亭圓朝参《三遊亭圓朝影絵》
明治時代(19世紀) 絹本墨画墨書 東京都江戸東京博物館




圓朝コレクションを公開 

第2章は『圓朝コレクション』です。圓朝は席上に幽霊画の掛け軸を掛けて、怪談噺を行っていました。現在、圓朝のコレクションは50幅あり、圓朝自身が集めたもの、圓朝死後にその意思を受け継いだ支援者によって集められたもので成り立っています。

一説には、百物語にちなんで百幅集めようとしていたのではないかとも言われています。 

幽霊画の掛け軸が一面に並べられた薄暗い会場。天井に大きな蚊帳が吊るされています。


ここのスペースには、通常の美術館にあるような上からの照明はありません。 幽霊画の足下には行灯を模したフットライトがあり、幽霊画をぼんやりと浮かび上がらせます。





また、ガラスケースもないので、幽霊(画)たちと同じ空間に立つことができます。このフロアには、浮世絵師の歌川広重(3代目が描いたものと思われる)や、円山応挙など、数々の有名作家が描いた幽霊画の掛け軸が並びます。 


伝円山応挙 《幽霊図》 江戸時代(18世紀)紙本墨画 
全生庵 通期展示 

 

幽霊画といえば、応挙ですね。初めて“足のない幽霊”を描いた、と言われていますが実はそれ以前にも足のない幽霊は描かれていたのだとか。ただ、これほどまでに「幽霊=足がない」という認識が広まったことには、間違いなく一役買っているでしょう。








人間だけでなく雪女なども描かれ、ありとあらゆる怨念が描き出されています。 しかし、どの絵も綺麗……とうっとり眺めていると、じわじわと自分に向かってくるような恐怖もあり、薄らと背筋が寒く感じます。 

個人的には、作者不詳の作品が不気味に感じられました。誰が描いたとも分からない作品たちは、絵に描いた幽霊ではなく、絵自体が幽霊そのもののような気さえしてきます。



伊藤晴雨 《怪談乳房榎図》明治~昭和時代(20世紀)絹本着色
全生庵 8/18-9/13(後期)展示 


鰭崎英朋 《蚊帳の前の幽霊》明治39年(1906)絹本着色 
全生庵 通期展示 



次の展示会場に向かう途中の壁にも、幽霊が突然現れる演出が!! 




錦絵が彩る、うらみたち。 

第3章は『錦絵による〈うらみ〉の系譜』です。

19世紀前半から、歌舞伎において幽霊が出る怪談ものが増えました。中でも夏狂言では『東海道四谷怪談』の大ヒットなども受け、錦絵でも幽霊が描かれるようになったそう。 他にも『皿屋敷』や『東山桜荘子』など、多くの人気演目があり、それらは次々と錦絵に描かれていきました。 





葛飾北斎が描く『東海道四谷怪談』のお岩さんや、歌川国芳が描く『東山桜荘子』の朝倉当吾の亡霊など、艶やかでいて美しい幽霊たち、ついつい見入ってしまいます。 


歌川国芳 《浅倉当吾亡霊》嘉永4年(1851)大判錦絵 
7/22-8/16(前期)展示 



歌川国芳《民谷伊右衛門 市川海老蔵・お岩亡霊 尾上菊五郎》天保7年(1836) 大判錦絵 
8/18-9/13(後期)展示


『四谷怪談』のお芝居で使われた人形は、目玉がガラスになっていて動くそうです。そのうつろな表情に思わずぞくっとしてしまいました。




また、一流齋貞水 口演『四谷怪談』の映像上映も。薄暗い部屋の中で「ヒュ~、ドロドロ……」というお馴染みの笛と太鼓による効果音を聞くと、日本の夏だなぁ、という感慨も湧いてきます。 



 
《般若》江戸時代(18世紀)国立能楽堂7/22-8/16(前期)展示 


うらみが演じる美 

第4章は『〈うらみ〉が美に変わるとき』です。 

幽霊画は美人画が形を変えたものとも考えられるそう。美しい幽霊画の掛け軸が展示されています。 



円山応挙が描いたと伝えられる幽霊図や、松岡映丘が描いた榛名湖に入水して龍に変じた木部範虎夫人を描いた『伊香保の沼』など、多くの幽霊画・美人画が飾られています。


『伊香保の沼』松岡映丘
大正14年(1925)絹本彩色 東京藝術大学



曾我蕭白 《美人図》 江戸時代(18世紀) 絹本着色
奈良県立美術館 8/18-9/13(後期)展示 


河鍋暁斎 《幽霊図》江戸末~明治3年(1860年代)絹本着色 
イズラエル・ゴールドマン・コレクション(ロンドン)通期展示 


キービジュアルになっている、 生霊となった六条御息所を描いた上松松園の『焔』は、 9月1日~13日のみの限定公開のため、残念ながら今回は見ることができず……。




8月18日に入れ替わる作品も多いので、前半、後半と2度楽しむのもいいかもしれませんね。 


? 法要式も行われました。
 

この日は内覧会ということもあり、展覧会の無事を祈って圓朝コレクションが飾られた部屋での法要式も行われました。 こんなにうらみを纏った絵画に囲まれて、正直ちょっと怖かったのですがこれなら安心ですね。 

幽霊画に囲まれた会場での独経は、怪しげな雰囲気を演出します。まるで、幽霊たちもその場でお経を聞いているような気分にさせられました。りんが鳴り、お経が会場に響くと会場の空気が清らかになったような……? 




動画はこちら:http://youtu.be/9OmSmHzFa74 


“冥途の土産”を買って帰ろう。幽霊が出る? 特設ショップも

期間中には、ある時間帯になるとどこからともなく幽霊が現れて『うらめしや展特設ショップ』を開催するようです。一緒に撮影も可能な明るい幽霊ということで、そちらを楽しみに行くのもいいですね。 

ご朱印帳、お守り、護符などおオリジナルグッズも販売されるようです。 その他にもユニークなオリジナルグッズがたくさん!


御朱印帳 1300円(税込) 


お守り 800円(税込) 


護符 800円(税込) 


LEDライト付ルーペ:1500円(税込)
幽霊が出てきそうな、薄暗い場所でお使いください。



缶バッジ(32mm):160円(税込)
恐ろしい形相の般若と、どこかゆるい雰囲気のドクロ。
">会場でドクロの掛け軸を見たときから「オシャレ!」と思っていたので、個人的に気になります。

">

ろうそく:2000円(税込)
" style="text-align:left;font-size:small">お部屋で怪談話をするときにいかがでしょうか?

" style="text-align:left;font-size:small">

一口饅頭(10個入り) :300円(税込)
10個入りでこの値段はコスパがいいですね。リアル「まんじゅうこわい」が出来る!?



黒豆きな粉飴:600円(税込)
幽霊画界のアイドルたちが大集合。お土産にぴったりです。



チョコレート:650円(税込)
高級感漂うパッケージのチョコレート。中身は一体どんなチョコ……? 

 

その他にもグッズはありので、ぜひ現地でチェックしてみてください。

『うらめしや~、冥途のみやげ展』は9月13日まで。 この夏、少しひんやりとした気分で過ごしたいという方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

怖がりさんはお守りや護符を買うのも忘れずに!

取材/舟崎泉美



<まだまだ見せます「うらめしや」フォトギャラリー>


















>さらに読む

Link 関連・その他のニュースリンク

>“工場萌え”注目! SFのような美しい工場夜景を集めた合同写真展「行ける工場夜景展」開催

>こんなに美味しいの!? “雑草”を上質なワインと音楽と共に……。“雑草”を優雅に楽しむ「雑草ナイト in お台場」開催。

>集え! “カントリーマアマー”!! 「カントリーマアム食べ尽くし祭2015夏」不二家のお菓子全10種食べ放題、夢の宴。




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.