facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

レポート&ニュース

【レポート更新】女の子が好きなものがたっぷり詰まった『少女展』。 “カワイイ”の聖地・原宿で開催。

カワイイの象徴、少女。

「間違いなく、ここは少女の街だ」

 JR原宿駅を出て、竹下通りを歩きながら思った。通りを埋め尽くすのは、おそろいの花冠を付けた、チュールスカートを履いた、クレープをほおばる、アクセサリーを品定めする、少女たち……。

 メイクも、服装も様々だが、皆一様に『少女』である。まるで少女の海を泳いているようであり、既に『少女展』の会場にいるようにも思えてきた。



少女展

05.31[日]~06.06[土] / 東京都 / デザインフェスタギャラリー原宿WEST館2階 



 海外からも注目を集めている、日本の「KAWAII(かわいい)」カルチャー。そのKAWAIIの発信地である原宿で、少女とは一体何なのか? を考え、少女の魅力を伝える展覧会が開催される。
 
 現代作家23組が考える『少女』作品を展示するアートイベント。絵画、イラスト、写真、アクセサリー、フィギュアなど、約200点の『少女』をテーマにした作品が展示される。 

 
 

 デザインフェスタギャラリーでは、オリジナルであれば作品の審査を行わない。作品の評価をするのは来場した人たちだ。デザインフェスタギャラリー ・高橋さんによると、『少女』というテーマだけをアーティストに伝え、解釈はそれぞれの自由だという。

 

 どんな作品が並び、来場者がどんな反応をするのか? それがある意味審査と言えるのかもしれない。高橋さんは「出展者、来場したお客様が満足していただけるものになれば」と語ってくれた。  



 また、原宿と言う場所柄、偶然『少女展』にマッチする装いの人もやってくる。取材中にも“原宿”を体現したような可愛らしい服装の女の子たちがいて、作品の一部のようだった。さらに外国の方々も多く訪れるそう。少女というテーマに新鮮味を感じ、非常に興味を持っている様子とのこと。 



 展示されるのは絵画、イラスト、立体など幅広いジャンル。また、アクセサリーなどの雑貨も多かったのが印象的だった。



 ただ可愛いだけではなく、ダークで詩的なもの、エロスを感じるもの、レトロでキッチュなものまで、表現方法も多様だ。作品数も多いため、かなり見ごたえがある。








 同ギャラリーでは、これまでに何度か『カワイイ展』を開催しているが、『少女展』は初の試み。参加アーティストには男性もいる。普段は女性モチーフを描かないが、今回の展覧会のために少女を描いた人もいるそうだ。 















 思わず「カワイイ!」と言ってしまうパステル系の雑貨、動物、オシャレな絵画。一口に『少女』と言っても、イメージや表現方法は全く異なる。



“少女作家”たちにインタビュー。「あなたにとって“少女”とは?」

 今回会場にいた3人のアーティストの方にもお話を聞いた。皆さん『少女展』をデザインフェスタギャラリーのTwitterで知ったそうだ。

 竹原真由美さんは、自分が憧れる女の子を作品にしている。赤やピンク、リボン、レースなど、女の子が好きそうなモチーフが多用されていた。

『少女』とはどんなイメージですか?
竹原さん : 幼さ、若さ。そして若さゆえの可愛らしさ。それと相反する小悪魔的な魅力を持った存在でしょうか。

 
 
 沢山の花を身に付け、額縁はフリルで飾られた作品は、昔読んだおとぎ話に出てきたお姫様のよう。キャンバスに向かうときは、自分も楽しんでいるという。  



 壁には全て形や模様が異なる、小さなクッションのようなものが飾られている。今回の展示スペースを演出するために手作りしたそう。また、テーブルの上にはカラフルなだるまが。これも作品の一部化と思ったが、竹原さんが個人的にだるまにはまっているため、飾ってみたとのこと。



 竹原さんが一番気に入っているという少女の絵。ご自身の名刺にも同じデザインが描かれている。お気に入りの理由を聞くと「自分のイメージする“女の子”が描けたから」と教えてくれた。

・ ・ ・ ・ ・ 

 つみきさんは絵を描く他にも、“harmony by_tsumiki”という自身のブランドでアクセサリーなどを制作している。

『少女』とはどんなイメージですか?
つみきさん : ピュア、清楚、カワイイ、そんなイメージです。



 紫陽花と少女。何も知らず素直だった自分の思い出と、イメージする少女像を融合して描いたそう。紫陽花はつみきさんが好きな花で、ブランドのイメージカラーでもある。様々な色合いがあることが魅力とのこと。刺繍用の糸や、布を買うときにも紫陽花の色を基準に選んでいるそうだ。 


 紫陽花を刺繍したブローチや、紙で出来た花を閉じ込めたアクセサリーなども販売されていた。淡い色合いがとても可愛らしい。

・ ・ ・ ・ ・ 

 晶さんは“つけ襟×少女のイラスト”を展示していた。靴下を専門に売るお店があるなら、つけ襟を売る“襟屋”があったら面白いのではないか? という発想から生まれたそう。

『少女』とはどんなイメージですか? 
晶さん : 可愛いものが全部詰まったような感じですね。



 Tシャツにも合わせられるカジュアルなものから、パーティーなどに使えそうなゴージャスなものまで、色々なつけ襟が紹介されている。実物のつけ襟は晶さんの手作り。ホック、リボン、スナップボタンなど、留め方も異なる。



 『襟屋』という冊子を描きなおしたものと、新作併せて16枚を展示。セーラー襟のイヤホンジャックなども販売していた。














原宿と少女の関係。「少女展」の見どころは?

デザインフェスタギャラリー原宿・chidaさんにお話を聞いた。

☆「少女展」開催の経緯を教えてください
 
――「少女」をはじめとした女性をモチーフにした作品を作られている方は多く、性別を問わず愛される存在です。原宿という土地柄、「少女性」を普段から感じやすいこともあったのかもしれません。ギャラリーを通し、アートを通じ、コミュニティが広がっていけばまた新たな可能性が広がっていくと思います。
 

☆原宿=KAWAII文化、少女文化の発信地、というイメージが日本のみならず、世界にも広がっていると思います。デザインフェスタギャラリー原宿で、「少女展」を行うことについて、どのようにお考えでしょうか?
 
――以前(2013年12月)、カワイイ展という企画展を開催しましたが、今回の少女展もそのKAWAII文化の一端を担うものとして、どういった反響があるのか楽しみにしているところです。原宿という地の利を最大限に活かし、日本カルチャーの更なる発展に貢献できれば幸いです。
 

☆今回の見どころを教えてください。
 
――総勢23組の作家による「少女」に対する表現です。一口に少女と言っても、作家により解釈は様々です。ちょっと深読みするくらいで丁度いいのではないでしょうか。
 

☆“少女”の魅力はどんなところだと思いますか?
 
――単純な「愛らしさ」、一過性の儚さ、などだと思います。


・・・・・・・・・・・・
 自分も昔は少女だったはずだが、「今、自分は少女である」と実感したことはなかったように思う。 私の中の少女は自分の頭の中にだけ存在するものであり、創作されたイメージだった。人それぞれに自分の思い描く少女像があるだろう。

 日本のサブカルチャーを支えてきたと言っても過言ではない“少女”。様々な少女たちに会いに行ってみよう。

トモロロ  


<出展アーティスト紹介>

・たばた ちはる “おまじないパーラー”


たばた ちはる


・笹ビト

・晶




・竹原真由美 “少女展”


竹原真由美


・つみき


つみき


・小高まあな


小高まあな


・コムロ

・mei “Girly Closet”


mei



・*☆彡~赤目~☆彡* 『ラブリーでいこう』


*☆彡~赤目~☆彡*


・おがもも “夢遊浪漫”


おがもも


・北村 英理 “ほしえり展”


北村英理


・ゆるめ

・カズさん

・小竹助


小竹助


・れいな



れいな


・うちやま

・roy


・田島浩司


田島浩司


・もひぽ子


・なつの “私の女の子たち”


なつの


・獄




・トモロロ


トモロロ


・田川ツミキ/ミカンノキ


田川ツミキ/ミカンノキ 

2015.05.31 篠崎夏美  【作品画像提供:デザインフェスタギャラリー】
>さらに読む

Link 関連・その他のニュースリンク

>昔の恋人との思い出はお金に変えてスッキリ!? 「元カレ元カノフリーマーケット」で思い出の品を売りさばいてきた。

>女子が欲望のままに“肉”を食べる「肉食女子博」開催! 肉食系(?)ライターが選ぶ、食べるべきメニュー。

>ド派手な“女装美人”が歌って踊って、お札をばらまく!? 300年以上もの歴史を持つ奇祭にいってみた!




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.