facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

レポート&ニュース

パクチー好きが集まるイベントで“パク充”してきた。パクチーでカンパイ! 「みんなで89!89!パクチーハウス阿佐ヶ谷」

パクチー好きが世界を救う!(かもしれない)

みんなで89!89!パクチーハウス阿佐ヶ谷
05.19[火] / 東京都 / 阿佐ヶ谷ロフトA 



 元祖パクチー専門店『パクチーハウス東京』が、阿佐ヶ谷ロフトAにやってきた。パクチー伝道師である佐谷さんのディープなパクチートークと、美味しいパクチー料理が楽しめるイベント。パクチー好きは行くしかない!

 
阿佐ヶ谷ロフトA入り口
 
“パクチー教”教祖、本日も絶好調。

 2015年1月、東京カルチャーカルチャーで行われた『新春!ぱくぱくパクチー新年会 2015』に続き、今年で2度目のパクチートークライブ。前回のイベントでの新鮮なパクチーを使った料理の味と、みんなでカンパク(パクチーハウスの乾杯音頭)した思い出がよみがえる。今日は佐谷さんからどんなお話が聞けるのか、ワクワクしながらお店に入った。 
 

パクチーTシャツで元気いっぱいの佐谷さん登場。


石巻で購入した大漁旗をリメイクしたパンツを着用。スニーカーもパクチー色。
 
 本日は、佐谷さんの他にゲストが2名。1人目はフリー素材のモデル、大川竜弥さん。ネット広告のバナー「えっ……俺の土地、こんなに高く売れるの……?」の人である。フリー素材モデルの他、トークライブに出演するなどタレント活動もされている。


ネット上のどこかで何度か見ているので、初めて会った気がしない。
 
 もう一人のゲストは、佐々木心音(ここね)さん。女優、グラビアアイドル、タレント、シンガーソングライターなど幅広く活躍している。パクチーが好きすぎて、ベランダで栽培していたほど。


今日はパクチー色のベスト。森の妖精のような可憐さだ……。
 
 パクチー好きの心音さんとは対照的に、つい最近パクチーを初めて食べたというパクチー初心者の大川さん。「パクチー初心者でも、パクチー好きになれます?」と進行役の阿佐ヶ谷ロフトの店長前川さんが佐谷さんに聞く。「間違いないです!」と力強く佐谷さん。

「パクチーが嫌いな人は世の中にいないんです! みんなで好奇心をもって食べ続けましょう!」 パクチー教の教祖は、本日もはりきっている。

 
毎日パクチーの方向に向かってお祈り。謎のパクチー狂会とは!?


全員集合。まずはビールの注文から。
 
 ビール注文後、さっそく本日1回目のカンパク! カンパクとは、旅先で知り合ったスウェーデン人に『世界で一番盛り上がった乾杯の音頭』を教わった佐谷さんが、パクチー好きのために、アレンジして作ったパクチーハウス流の乾杯音頭。

「ビーラ!ビーラ!ビーラ!」(※ビーラはスウェーデン語でビールの意味)と佐谷さんが叫ぶと、お客さんが「パク!パク!パク!」と応える。そのかけ声を繰りかえし、最後「カンパーク!!!」で乾杯。
 




「ビーラ!ビーラ!ビーラ!」と叫ぶ佐谷さんの声量がすごい! 負けずに(負けるけど……)「パク!パク!パク!」と大きい声で返す。ジョッキ片手に立ち上がり、みんなでカンパクをすると、場の一体感が高まる。ちょっと恥ずかしいけど、大声を出すのは気持ちがいい。
 
 佐谷さんは、20年前から日本のあらゆる居酒屋でカンパクを広めてきた。「静かにしろ!」、「うるさい帰れ!」などと言われながらも、根回しして他のお客さんを巻き込み、普及させてきたそうだ。

「パクチーハウスでは、騒ぐ人歓迎。誰も追い出しません」と佐谷さん。酔っ払うとつい声が大きくなる人には、ありがたい店だ。
 

 
佐谷さん 「私、佐谷恭は、一般にキョーパクチー(kyo paxi)と呼ばれています。パクチーというのは便利な言葉で、~“さん”や、~“部長”のように、敬称としても使えます」

大川さん 「それはキョーパクチーが決めたことですか?」

佐谷さん 「いえ、日本パクチー狂会が決めたことです」
 
日本パクチー狂会会長は、もちろんキョーパクチー。ここからそれぞれ、心音パクチー、大川パクチーと呼び合う仲に。



 パクチー狂会は、インターネットのコミュニティ。オフ会でにやってくる人は、30〜50人くらいだそうだが、実際に会員は8900人以上いるという(8900人を超えてから数えるのをやめたらしい)。この団体は、パクチーの普及と、毎朝・毎晩8時9分にパクチーの種を蒔いた方向に向かって祈るという活動をしている。
 
 ちなみに、佐谷さんがパクチー狂会のドメインを更新し忘れたため、現在パクチー狂会へ入会するための入り口がない……。

「手続きしなくても大丈夫。いつでも心にパクチーです」と佐谷さん。ということなので、筆者も今日からパクチー狂会へ入会したものとする。



 パクチー狂会会長をはじめ、以下が佐谷さんの肩書きだ。
 
・日本パクチー狂会 会長
・Chairman of International Paxi Organization(IPO)
・パクチー銀行 頭取
・株式会社旅と平和 代表取締役
・経堂・農大通り商店街 理事
・日本手食協会 理事
・全国がビアガーデン協議会 総裁
・ご当地ソーシャルマラソン(Cialthon)協会 会長
 
 どうやったらこれだけいろんな団体を作れるのだろうか……。どれもユニークで、ツッコミどころ満載。ちなみに、心音パクチーは、日本手酌協会会長(自称)だそう。(それも入りたい!)
 
 また、佐谷さんは、パクと89に異様にこだわる自身の人生について語った。
 
・パクチーハウス東京を運営する会社(株式会社旅と平和)は、8月9日に設立。
・パクチーハウス東京のパスタのグラム数は89g。
・パクチーハウス東京が先月でオープンから89ヶ月。
・南アフリカの世界で一番古い89kmを走るマラソンの89回目を8時間90分で完走。
・389(さばく)からサハラマラソンにチャレンジ。(1週間かけて250km走る!)
※ちなみに今回のイベントのチケット代、前売り券は ¥1,589(行こうパク)。
 
前川さん 「佐谷さんのお話がお酒みたい……。ぐるぐるしてきました」

佐谷さん 「ちゃんとパクチーの話をしますからね」
 
 そして8時9分。本日2度目カンパクの時間だ。


「阿佐ヶ谷サイコー!!!!!」 

 

スペシャルパクチー料理をご紹介
 
 本日のパクチー限定のパクチースペシャルメニューを紹介しよう。メニューは全て『パクチーハウス東京』の“パク”リである。



 


『519ほおばるサラダ』今日は5月19日だから、519(ゴイク)。※ベトナム語で、生春巻きをゴイクォンと呼ぶ。チリソースをつけてかぶりつくと、歯ごたえのあるシャキシャキしたパクチーが口の中を満たす。生春巻きの皮の中身は見た目よりパクチー濃度が高く、ほぼ全部パクチーだ。甘辛いソースとパクチーのハーモニーをビールで流しこむ。

 そして、ビールはもちろんパクチー(コリアンダー)入りのヒューガルデン。これこそパク充。幸せ……。
 
 さらに阿佐ヶ谷ロフトの通常メニューにも、全てパクチーが盛られている。コーンチップサルサソースにもパクチー、ハムカツにもパクチー。




 
 飲み物にもパクチー。スペシャルメニュー「パクチーもヒートアップ」と、パクチーハイボール。ほんのりパクチーの香がして、飲み終わった後はパクチーが食べられる。





 本日は無農薬有機栽培の新鮮パクチーを、農家から3kg仕入れていたそうだ。追パクしてもパクチーがなくなることはない!
 
※ 追パク:「追(つい)パクください」と大きい声で頼むと無料でパクチーだけをおかわりすることができる、パクチーハウス東京のシステム。声が大きいほどパクチーの量が増す。
 

パクチーを自分で栽培してこそ、真のパクチー好き。
 
 パクチー好きの心音さんは、昨年ベランダでパクチーを栽培していたという。パクチーを栽培する人しか堪能できない、パクチーの知られざる美味しさを佐谷さんが教えてくれた。
 

 
 パクチーを植えると、花が咲いて種ができる。種が乾燥するとコリアンダーシードになるが、乾燥する前のまだ緑の状態が非常に美味しいそうだ。しかし、すぐ乾燥してしまうので、市場にはでまわっていないそう。これを食べられるのは、栽培した人の特権だ。ちなみに心音さんは、花になる前に全部食べてしまったと残念そうだった。
 
 また、とっておきのパクチー活用法も伝授していただいた。種がとれる頃パクチーは固くなる。それを小さく切ると、燻製のチップとして使えるそうだ。これぞ“パ燻製”。パクチー香のついたラム肉の燻製……。想像するだけでお腹が空く。
 
 さらに、テキーラにパクチーの根っこを漬け込んだ“パクテキ”。テキーラにパクチーの香りが移って美味しいらしい。パクチーは余すところなく全部食べられる万能食材なのだ。
 

それでもパクチーが苦手な人へ。パクチーはどうしたら好きになる?
 
 ところで、本日ご来パクのお客様は珍しく全員がパクチー好きだった。「追パクくださーーい!」の声が店内に響く。
 

何度か追パクしていた、閃き作家の高柳優さん。面白い人が集まっている。
 
 フリー素材モデルの大川パクチーだけが、『パクチー』という発音は気に入っているものの、どうもパクチーが苦手のよう。

大川さん 「草系の食べ物があまり得意じゃないんです……」

前川さん 「パクチー嫌いな人に好きになってもらうにはどうしたらいいですか?」

佐谷さん 「いろんな食べ方を知ってもらうことです」
 
 その中でもおススメはパクチーの天ぷらだそう。パクチー特有の強い香りがなくなって、甘みが出てくるそうだ。また、ラム肉とパクチーを組み合わせた「ヤンパク」という料理も良いそう。ラム肉とパクチー。どちらもくせがあるが、どちらの食材も苦手という人でも、2つを組み合わせると美味しく食べられたそう。

佐谷さん 「料理は科学だし、組み合わせですね」
 


 しかし、佐谷さんの子供はパクチー嫌いだそうだ。一同「えー!(笑)」と驚き。でも、大丈夫。嫌いはいつか好きになる。一番残念なのは無関心な事、と佐谷さんは語った。

 
『パクチーの歌』で思わず涙……。
 
 佐谷さんは、海外のゲストハウスのような場所を目指して、パクチーハウス東京を作ったそうだ。知らない人同士が気軽にコミュニケーションをとれる空間が、日本には少ないという。お互いのバックグラウンドを知らなくてもパクチー好きか嫌いかだけで、会話が生まれる。世界中を旅してきた佐谷さんならではの発想だ。
 
 そして、旅をして楽しかったアイデアを社会に還元したいという思いから、パクチーハウスの他にも様々な活動をしている。シャルソン(ソーシャルマラソン)もその一つ。参加者が同じTシャツを着て自由に街を走り、決められた時間内にゴールに着けば良いというルール。同じTシャツを着て走っている人がいるだけで、声をかけたくなるし会話も生まれる。フランスボルドー地区のメドックマラソンをヒントに佐谷さんが考案して、今では全国60カ所以上で開催されているという。
 
 さらに佐谷さんは、パクチーの歌を作ってご自身で歌っている。今日はなんと歌も披露していただいた! ここからも聞けるのでぜひ!
 
パクチーがすきなら〜♪ みんな〜ともだちさ〜♪
パクチーがきらいでも〜♪ みんな〜ともだちさ〜♪
パクチー いらないなら ちょうだい〜
 
 うたのおにいさんのような佐谷さんの歌声を聞いているうちに、思わずウルっとしてしまった。酔っ払っているのだろうか。パパパパパクチー♪ が頭から離れない。
 


「パクチーサイコー!!!!」本日、8回目のカンパクでイベントは終了。





……と思いきや、最後に佐谷さんから一言「みなさん、お時間あったらこのあと一緒に飲みましょう〜!!」

 そして阿佐ヶ谷の街には、まだまだ「カンパク」が響くのであった。
 

2015.05.23 橋村望

>さらに読む

Link 関連・その他のニュースリンク

>“工場萌え”注目! SFのような美しい工場夜景を集めた合同写真展「行ける工場夜景展」開催

>納豆食べ放題! 納豆まみれの夜 「納豆納涼祭」でネバネバ! 納豆アイス、納豆汁、納豆天ぷらも……。

>昔の恋人との思い出はお金に変えてスッキリ!? 「元カレ元カノフリーマーケット」で思い出の品を売りさばいてきた。




イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.