facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

レポート&ニュース

【モザイク取れました!!】“パンチラ見放題”の展覧会。見えちゃいけない・・・でも見たい・・・。「パンチラ2015」

スカートの奥には・・・がある。

パンチラ2015

02.09[月]~02.15[日] / 東京都 / Photons Art Gallery 



なんとストレートで心に響く展覧会タイトルなのだろう。

「パンチラ」というシンプルかつ奥深いこの事象を、写真家、モデル、絵師たちが様々な思いを込めた作品に仕上げ、一堂に展示する。開催前から話題の展覧会に足を運んでみた。

会場のPhotons Art Galleryは浅草橋駅から徒歩1分もかからない。住宅街の路地に面した建物の前には『パンチラ2015やってるよ』の看板。偶然通りがかった奥様が2度見していた。


ここがパンチラ天国か・・・。


左)外から見ただけでも「パンチラ」満載 
右)可愛いウェルカムボードのパンチラ具合が絶妙で素敵。 


入ったら間違いなく通行人に「あっ、あの人は“パンチラ2015”を見るのね!」と思われそうで何だか気恥ずかしい。実際見るわけなのだが、若干照れてしてしまう。

まだまだ自分も甘いな・・・と思う一方、頭の片隅からは『いや、パンチラは本来見えてはいけないもの。それが見えることに喜びを感じるのであって、少しの羞恥心・背徳感があってこそ本当にパンチラを楽しめるのだ・・・』という声も聞こえてくる。

自分の中のシャイボーイとパンチラ紳士(?)がせめぎ合う中、会場へ足を踏み入れれば、パンチラ作品に取り囲まれる。当たり前だが、あっちを見てもチラリ、こっちを見てもチラリ。こんなに色々なパンチラを健全に、合法的に拝めるとは・・・。やはりここはパンチラ天国だ。とはいえ、どの作品も下卑た感じは全くない。色合いや印刷が美しく、作品として完成している、という印象を受けた。



「めくるなよ 絶対めくるなよ? 」


パンチラ撮影用スカーツ付き等身大パネル

主催者の1人であるナマダさんの写真パネルがあり、記念撮影が出来る。スカートがめくれる仕様になっているが、パネル下部には『めくるなよ 絶対めくるなよ?』の文字が・・・。



これはつまり、『めくれ』ということなのか・・・?(プリーツを凝視しながら)

さっきご本人に挨拶したばかりで、さらにご本人が後ろにいる状態で、ご本人(の写真パネル)のスカートをめくるという状況・・・。

何このシュチュエーション・・・。すごく・・・ドキドキする・・・。


ごくり・・・。

この年になって“スカートめくり”をするとは思わなかったが、普段やりたくてもやれない、やっちゃいけないことを出来るカタルシス!この懐かしさと背徳感と興奮はなかなか得難いものなので、ぜひ会場で実際に体験していただきたい。

今回はナマダさんご本人が「めくりましょうか~?」と声を掛けてくれ、ご本人が(パネルを)パンチラ状態にしてくれた。



ナマダさん。あるときはコスプレイヤー、またあるときはスイーツライター。

いざ冷静に見てみると、“本人とパンチラ状態の本人のパネルが並ぶ”というのは、結構すごい状況だと思う。 そして、めくり方が素晴らしい。さすがである。


「パンチラ」に対する思い

ナマダさん曰く、パンチラは見えてはいけないものだからこそロマンがあるという。「パンチラ」というある種の記号を使い、本当は出したくない、見せたくない、などの恥ずかしい思いを持ちつつも、展覧会に参加する姿勢と人生観こそが『パンチラ2015』のテーマだそう。そして、そんな禁断のパンドラを開けてしまうような展示が出来たら面白いと考えたことが開催のきっかけとのこと。

作家側の恥ずかしい想いと等しく、「え、この人のパンチラ見れちゃうの!?なんか恥ずかしい!でも見たい…っ!!」というような、見る側であるお客さんの恥ずかしさも大事なのだ。その他にも、パンチラに対する熱いパッション、深い思想のある作家さんたちが参加しているそうだ。

「パンチラとは、老若男女共通の嬉し恥ずかし奇跡体験だと思います。恥じらいの思想がある日本ならではの感覚なのかもしれないが、世界に羽ばたいて欲しい日本の奥ゆかしい文化です!」とナマダさん。

※ナマダさんよりいただいた質門・回答集を元に再構成しています。




3フロアまるごと「パンチラ」! 

平日の昼間にも関わらず会場は大盛況。男性がやや多いが女性の姿も見受けられる。そう、女性にとっても「パンチラ」は興味深いテーマなのだ。見えてはいけないものが『見えちゃった』『見ちゃった』『見られちゃった』という状況は、やはり性別を超えて人を惹きつけるらしい。

さらに、エロティックに、可愛らしく、ファンタジックに、飽くまでも作品としてパンチラを追及していることが伝わってくるので、男性が見ても女性が見ても楽しめる作品ばかり。 

 







今回は1階から3階まで、3フロア使っての開催。ちなみに2階・3階には「本戦」21作品、1階には「当日参加者」31作品、合計52点が展示されているそうだ。イラスト、写真など表現の方法も多様で、こんなに色んなパンチラが見られるなんて幸せ・・・!という気分になる。




階段には写真集『パンチラ2015公式写真集』 のフライヤーが

1~3階までパンチラ作品、さらに階段にはフライヤー。一作品に複数のモデルさんが写っているものもあるので、もしかすると100名近いパンチラが拝めるのでは・・・!?会場限定の写真集には展示作品が収録されており、A5フルカラー64頁1,000円で発売される。



千差万別「パンチラ」シチュエーション

一見、どこが‘チラリ’しているか分からない作品もあるのだが、じっくり‘チラリ’部分を探してみるのも面白い。シチュエーションも風、階段、犬のイタズラ、コインランドリー、演奏会、カバンでひっかかって・・・などなど多種多様。 憧れだったり、あるあるだったり、男性と女性で印象が違うものもあるかもしれない。

個人的に印象的だったのは、ユッーキー[ノンアート]さんの作品。女性アイドル(コスプレイヤーかも?)撮影会の模様をユーモアと皮肉を交えて作品にしている。タイトルもなかなか深いものがあって、思わずニヤリとしてしまった。
※下の画像左端




衝撃だったのはこちらの凛々しい男性。実は彼の右側にある作品のモデルである。思わず本人と作品を見比べてしまったが、作品タイトルを見て納得。


ののみーさん

ののみーさんは女性キャラクターの表現を主な活動とする男性コスプレイヤーだ。男性のままでも美形だが、写真集を見せてもらい男性でここまで女性キャラを表現出来るとは・・・と驚いた。

そしてやっぱり気になるのはパンツ。「このパンツって女性用ですか・・・?」と大変失礼な質問をしてしまったのだが『結構聞かれるんですけど、良く見れば分かりますよ!』とさわやかな笑顔で答えてくれた。答えは実際に会場で確かめてみよう。






パンチラ作品を堪能するうちに、会場に入る前に感じた気恥ずかしさはいつの間にか消えていた。様々なパンチラの表現があり、様々な受け取り方がある。そこにあるのはただの布(パンツ)ではない、という人もいるだろう。

人の数だけパンチラがある。ナマダさんの言葉を借りるなら「誰にとっても正解などあるはずもない大宇宙それがパンチラ!」。

あなたはスカートの奥に何を見るだろうか?

 

2015.02.09 文・写真 篠崎夏美
(02.15 会期が終了したため、作品のモザイク処理を外しました)
>さらに読む


イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.