facebook twitter LINE はてなブックマーク google+

レポート&ニュース

「うっとり」な世界観を食べて体感

【食べてみた】貴婦人と一角獣 特別メニュー

国立新美術館で開催中の「貴婦人と一角獣展」 

4か所のレストラン、カフェでは特別メニューが楽しめます。

 

 

 

 展覧会を見る前から、このポスターが気になって仕方ありません。

 

 

 

 デザートプレートとかすっごい凝ってる!美味しそう・・・。

でも、コースで6800円はちょっと私には高いなぁ・・・。

(後から気づいたのですが、単品も頼めるんですね)

 

 

喉も乾いたし、ここはお手頃なローズヒップジンジャーを飲もう、

地下一階の「カフェテリア カレ」へ。

 

しかし、注文の段階で何だかお腹空いてきたのと、目の前のポスターの写真が

あまりに美味しそうだったので、思わず「牛肉のトマト煮 バターライス添え」を

思わず注文してしまいました!どうした私!!!出来心としか言いようがなく、

ちょっと後悔・・・。

 

それでも、出てきたトマト煮の良い匂いで、すぐそんな後悔も吹っ飛んでしまいました。

食欲という欲の前に、人間はあまりにも無力ッ・・・!!!

 

 

 

 

美味しそうー。お皿も美術館オリジナルです。

 

では、まず牛肉のトマト煮 バターライス添えをタペストリーになぞらえて、

それぞれの感覚で。

 

 

<視覚>

タピスリーの背景を思わせる、トマトの濃い赤に、千花模様をイメージした

色とりどりの野菜が散りばめられ、華やかです。バターライスは白い一角獣でしょうか(笑)


<嗅覚>

濃厚かつ爽やかなトマトソース、控え目だけどまろやかなバターの風味が鼻腔を

くすぐります。ちょっと風邪気味だったのですが、それでも分かる芳醇なソースの香り!


<味覚>

トマトソースの深い味わいに、優しいバターライスが良く合います。しゃきゃきした

パプリカ、コーンの食感も他の詩です。そして特筆すべきは牛肉!柔らかーい。

そしてめちゃめちゃ大きい!子供の握り拳くらいありそうです。

 


『ご飯もそんなに多くないし、量も貴婦人向けね、オホホ』と思ったんですが、

かなりお腹いっぱいになりました。

(お昼をしっかり食べたうえに、この時点でまだ5時だったというのもあるかも・・・)



正直、1200円という値段はちょっと高いかと思ったのですが、六本木という場所、

美術館の中、というロケーション、何よりこの味と量なら大満足です。



本来のお目当てだった、ローズヒップジンジャーも美味しかったです。

「我が唯一の望み」の寓意の一つとされる『愛』をイメージした、深い赤です。

まるで貴婦人が身につけるルビーのような赤い輝き、優しい甘味のあとに

やってくる爽やかさ、ジンジャーエールと良く合っていました。暑いときにも

ぴったりですね。

 

しかも、結構濃い目だったので、外食のドリンクにありがちな、すぐに溶けた

氷で薄まっちゃう、というのがなくて良かったです。

 

 

最後まで優雅なティータイム(の割にはがっつり食べてる)を楽しめました。

白を基調としたカフェも、暖かい光で落ち着きがありつつ、天井が吹き抜けに

 なっているので解放感もあり、尚且つ平日で人も少なく、ゆったり出来ました。

 

  


2013.07.10  文・写真 なずな

>さらに読む


イベント検索


イベニア記事のご案内 イベントライタージャーナル
イベントエリア一覧イベントエリア一覧
イベントジャンル一覧イベントジャンル一覧
年月日一覧年月日一覧
イベントランキングイベントランキング

面白いと思ったイベントにはポイント投稿して下さい。

登録運営者広報メッセージ

「記事広告」をご活用ください。

面白いイベント情報が集まる「イベニア」のTOPに、取材記事が掲載されます! 申し込みはTOPのバナーから、もしくはinfo@evenear.comまで直接お...

面白いと思ったイベントには、ポイント投稿して...

ランキングページは、「単純にそのページを見た回数」を測る「閲覧数」と、そのイベントをポイント投稿して頂いた数を比べる「ポイント」という基準が...



ページTOP

© Copyright 2015 evenear all right reserved.